博物館 - ハインツ アーバン氏の生い立ち  - 史料と蔵書  

ハインツ アーバン氏は、1951年9月7日に、ネッカーの近郊のアルディンで生まれた。 少年時代よりすでに彼は飛行船に興味を持ち、これに関するありとあらゆる書物を読み始め、コレクションを始めた。

彼は、ボーデン湖に非常にあこがれ、ツェッペリン生誕の地フリードリッヒスハーフェンに引越してくる程であった。

彼の優れた業績として、社会法人ツェッペリン歴史振興協会の設立があげられる。

 年数を重ねて彼は、飛行船に関する、15000点もの展示品を集めた。彼は世界一の、個人収集家である。

 さらにハインツ アーバン氏のライフワークは、メアスブルグ ツェッペリン博物館の開館に 頂点を置くことができる。この博物館は、国の支援や公的な資金援助を受けていない、純粋な私立博物館である。


メアスブルグ ツェッペリン博物館の外観(一部)


背景、 ブリンプ飛行船、   左、主催者 富士フィルム

 


ハインツ アーバン氏  飛行船乗組員のオリジナルユニフォーム姿にて